電力自由化について


2016年から電力自由化になり個人で好きな電力会社を選べるようになました。

 

以前はその地方の電力会社しか選ぶことができず、未だこの電力自由化のことを知らない人もいますね。

 

 

光熱費を安くするには太陽光発電やオール電化にするなど個人で簡単に行えないものでした
しかし今では誰でも簡単に電気代を安くすることができるのです。

 

この記事では電力自由化について解説します。

 

 

電力自由化になった背景


電力自由化と聞いてまだもやっとしている方もいると思います。
簡単に言いますと、ネット回線や携帯電話のように自由に電力会社を選べることです。

 

携帯電話も内容は同じですが、それぞれプランとか料金とか細かいところは違いますよね。
これと同じで電力会社によってプランや電気代など細かいところが違います。

 

ではなんで電力自由化になったのかと言いますと、きっかけは2011年の東日本大震災にあります。

 

 

東日本大震災の「福島第一原子力発電事故」では国民だけでなく政府も今までの電力供給システムに限界を感じ、以下のような目的を掲げました。

 

1.電力の安定供給を確保する
2.電気料金を最大限抑制する
3.電気利用者の選択肢を増やし企業の事業機会を拡大する

 

簡単に言いますと発電所が少ないと困るし、新しい電力会社の参入を認めて企業同士を競わせることで価格を安く、より安定した電力を提供しようってことです。

 

 

電力自由化で好きな電力会社を選ぼう

 

電力自由化になったことで電力会社を自分で選べるようになりました。
電力会社によって様々なプランがあります。

 

例えば今までと同じように電力利用量に応じて段階的に料金が上がるプラン。
電力量料金が一定で使った分だけ払うプラン。
日曜日だけ半額になるプラン。
夜だけ安くなるプラン。
平日の昼間だけ安くなるプラン

 

このように電力会社によって様々なプランがあります。

 

選び方のポイントとしてはライフスタイルにあったプランを選ぶことです。

 

例えば一人暮らしのように電気をあまり使わないのならば、段階的に上がっていくプランにしたほうが電気代が安くなります。
4人世帯などで電気を多く使う場合は電力量料金が一定のプランを選んだほうが電気代を安くできます。

 

私が参考にしているサイトで「新電力の比較会社のデンガス革命」がありますが、もっと詳しく知りたい人はそちらを参考にする方が良いと思います。

 

電力自由化のメリット

 

電力自由化には以下のメリットがあります。

 

・電気代を安くできるプランを選べる
・セット割や省エネ診断などの新サービスが登場
・環境に優しいエネルギーを選択できる

 

電気代を安くできるようになるのが大きなメリットですね。
もちろんライフスタイルにあったものを選ばないと逆に高くなってしまう可能性がありますのでご注意ください。

 

また電力会社にyってはガスとセットにする事で割引になることもあります。
例えばですがエルピオでんきはもともとガス会社でエルピオガスのサービスを提供しております。

 

また電力会社によっては再生可能エネルギーを利用していて環境に優しいエネルギーを選ぶ事ができます。

 

まとめ

 

このように2016年から電力自由化になったことで好きな電力会社を選べるようになり、電気代を節約することができるようになりました。
電力会社を変更したら停電になりやすいなどそのようなデメリットはありません。

 

検討してみてはいかがでしょうか。