電気代を安くする方法として新電力のサービスが誕生しました。
新電力は2016年から電力自由化になった事で様々な企業が電力事業に名乗りを上げました。

 

これにより様々な企業が競争し、価格を下げるなど工夫をしています。

 

申し込むと電気代が安くなるのが新電力のメリットですが、賃貸物件でも申し込めるか気になるところですね。

 

安心してください。
結論から先に言いますと賃貸でも新電力に申し込むのは可能です。

 

この記事では賃貸物件の新電力について解説します。

 

賃貸でも新電力に申し込めるケース

 

賃貸物件にお住いだと勝手に電力会社を変えてはいけないと思っていませんか?
大丈夫です。
賃貸物件でも新電力に申し込む事が可能です。

 

これまでは電気代を安くする手段としては太陽光発電やオール電化など、賃貸では簡単に利用できないものでした。
しかし新電力は賃貸でも電気代を安くできる手段です。

 

賃貸でも新電力に申し込める理由は、電力会社は個人で契約しているからなんですね。

 

個人で契約している以上、電力自由化になった事で電力会社を自由に契約できます。

 

賃貸で新電力を申し込めないケース

 

賃貸物件にお住いで電力会社えを選ぶのは自由と解説しましたが、実は賃貸の場合新電力に申し込めないケースもあります。

 

・大家が一括管理している場合
・マンションで電力会社を契約している

 

稀なケースですが、賃貸物件の電力を大家さんが全て管理している場合があります。

この場合電力会社を契約しているのが大家さんなので、個人で自由にできない事から新電力に申し込めません。

 

またマンションで電力会社にまとめて契約している場合があります。
この場合はマンションが管理しているので個人で申し込むのが難しくなります。
ただし、安い電力会社と契約している場合がありますので大きなデメリットとはならないでしょう。

 

>>電力自由化について

 

まとめ

 

賃貸物件でも電力会社と個人で契約している場合は新電力に申し込む事が可能です。
しかし大家さんやマンションで契約している場合は個人の自由にする事ができません。

 

賃貸物件にお住いの方は参考にしてみてください。