2016年から電力自由化になった事で好きな電力会社に申し込めるようになりました。
様々な企業が電力事業に名乗りを上げて誕生したのが新電力です。

 

新電力に切り替える事で電気代を節約する事が可能となります。

 

しかし、この新電力に切り替えても電気代が安くならないケースがあります。

 

そこでこの記事では新電力に切り替えても安くならないケースについて解説します。
>>新電力会社をプロが解説

 

単身の場合は安くなりにくい

 

新電力に切り替えることで電気代が安くなることがありますが、逆に高くなってしまうケースもあります。

 

これは新電力のプランによっては電気の使用量が原因で高くなてしまう事です。

 

 

通常の電力会社のプランでは利用に応じて段階的に料金が上がるものです。
しかし新電力のプランのよっては電力量料金が一定で、この場合だと電気をあまり使わないようなら逆に電気代が高くなってしまいます。

 

安いと評判だからの理由で安易に乗り換えてしまうと電気代を安くする事ができないので注意してください。

 

悪質な電力会社と契約している

 

電力自由化になったことで様々な企業が新電力の事業に参入しています。
ネット回線と同じで数え切れないほどあり、その中では悪質なものがあるようです。

 

電気代が安くなるだけのフレーズで電話や訪問販売でのセールスで悪質な業者と契約してしまう方もいるようです。

 

悪質な業者の被害は実際にあります。
訪問販売の全てが悪質とは言いませんが、勧誘があった場合は一度検討する形にして調べたほうがいいです。

 

まとめ

 

新電力に申し込んでも電気代が安くならないケースがあります。

 

特に単身の場合は注意が必要で、しっかりと調べないと後悔してしまう事があります

 

悪質な業者に騙されないためにもしっかりと自身で調べるのがいいでしょう。

 

その際は検診表を見て比較することをおすすめします。