2011年の東日本大震災の福島原発の事故がきっかけで、2016年から電力自由化になりました。
これにより個人で自由に電力会社を選ぶ事が可能になりました。

 

現在は様々な企業が電気事業に名乗りを上げ様々な新電力のサービスがあります。

 

しかし数が多すぎてどこを選んだらいいのかわからない方もいるでしょう。
新電力の選び方を間違えると電気代が上がる可能性がありますからね。

 

そこでこの記事では新電力の選びかたについて解説します。

 

 

ライフスタイルにあったプランを選ぶ

基本的な事はライフスタイルにあったプランです。
簡単に言いますと、単身の場合は電力量が少なくても地方電力より安くなるところを選ぶのが良いです。
4人世帯など電気を多く使う家庭では電力量料金が一定で使った分だけ払うプランがある新電力にすれば電気代を節約できる可能性が高いです。

 

選び方を間違えると逆に高くなってしまう可能性が大きいのでご注意ください。

 

 

解約金がないところを選ぶ

新電力の選び方のポイントとしては解約金の負担がないところを選ぶ事です。
実際に新電力に切り替えて確実に電気代が安くなるとは言えません。

 

いつやめてもペナルティがないように解約金がない新電力にすればお試し感覚で利用することができます。

 

 

自身で比較して選ぶ

新電力の選び方でもっとも大事な事は自分で比較して選ぶ事です。
新電力は代理店を募集していて、悪質な訪問販売による被害があります。

 

中には引っ越しして知らないうちに契約させられていて、しかも解約金が20000円と高額というケースもあります。

 

知らないで勧められるまま契約すると後悔する可能性が非常に高いので、即決せずに自身で調べてみるのが良いでしょう。

 

まとめ

新電力はどこを利用しても安くなるものではありません。
検診表を見てライフスタイルにあったところを選ぶ事で安くできる可能性があります。

 

絶対に安くなるとは言い切れない部分なので、解約金がないところを選べばお試し感覚で利用する事ができます。

 

新電力は代理店の募集をしており、訪問営業による勧誘があります。
訪問営業が悪い事はありませんが、中には悪質なものがありますのでしっかりと検討するほうが良いでしょう。
特に解約金には注意してくださいね。

 

>>トップページ